航空無線通信士 2017年8月 英会話 過去問解説(音声付き)

 

航空無線通信士 英会話リンスニングの試験概要

リスニング形式で試験用紙には選択肢のみ記載(質問文は聞き取る必要がある)

全7問 3問正解で合格

英会話で合格点を取るには、以下のスキルが求められます。

“航空分野の英単語力”

“航空分野の背景知識” 

 

航空無線通信士 英会話 過去問演習

英会話の音声内容を聞き、4つの選択肢の中から正しいものを選びなさい。

 

問1

 

QUESTION 1

What do you call the sport in which people jump from an airplane and drop freely  before parachuting to the ground? 

1.Skydiving 

2.Hang gliding 

3.Scuba diving 

4.Bungee jumping

日本語訳

飛行機から飛び降り、自由落下してからパラシュートで地上に降りるスポーツを何と呼びますか?
1. スカイダイビング
2. ハンググライダー
3. スキューバダイビング
4. バンジージャンプ

回答 : 1

過去問のポイント解説

英単語力が必要な問題!

” which ” の前にある ” in ” は前半の文章と繋がっていることを示すための前置詞である。飛行機からパラシュートで落下するスポーツは何かという質問。選択肢の中を見ると飛行機から飛び降りるのは選択肢1のスカイダイビング。よって正解は1のスカイダイビング。

過去問に出た重要英単語

freely … 自由に(副詞)

parachuting … パラシュートでの落下

問2

 

QUESTION 2

There is an old saying that neither heat nor cold lasts beyond the equinox. What  normally happens after the autumn equinox? 

1.The length of the day differs from year to year. 

2.The length of the day depends on the temperature. 

3.The days get shorter and it becomes colder day by day. 

4.The days get longer and it becomes warmer day by day.

日本語訳

「暑さ寒さも彼岸まで」という昔からのことわざがあります。通常、秋分の日を過ぎると何が起こりますか?
1. 一日の長さが年によって異なる
2. 日の長さは気温に左右される
3. 日に日に日が短くなり、寒くなる
4. 日が長くなり、日に日に暖かくなる

回答 : 3

過去問のポイント解説

文法を理解しているかがカギ!

” neither…nor… ” は、「~も~もない」という意味。” either…or… ” の否定形である。「暑さも寒さも彼岸まで」とは、残暑は秋の彼岸までに治まり、余寒は春の彼岸までに和らぐので、それ以後は過ごしやすくなるという言い慣わしのこと。英単語を読み取ることとことわざを知らないと解けない問題だ。春分の日を過ぎるとどうなるか?という質問なので、「日が短くなり、寒くなっていく」が答え。よって答えは3。

過去問に出た重要英単語

beyond … 超えて、先に(副詞)

equinox … 彼岸(名詞)

length … 長さ(名詞)

differs … 異なる(動詞)

depend on … による

temperature … 温度(名詞)

問3

 

QUESTION 3

Your colleague has messaged you to say that the meeting has started already and  to come to the conference room ASAP. What is he asking you to do? 

1.Come to the conference room on time. 

2.Come to the conference room at any time. 

3.Come to the conference room as soon as possible. 

4.Come to the conference room as slowly as possible.

日本語訳

同僚があなたに、会議はもう始まっているから至急会議室に来るようにとメッセージを送ってきました。彼はあなたに何をするよう求めていますか?
1. 時間通りに会議室に来る
2. いつでも会議室に来てください
3. できるだけ早く会議室に来ること
4. できるだけゆっくり会議室に来てください

回答 : 3

過去問のポイント解説

” ASAP ” の意味の理解が問題を解くカギ!

” ASAP ” とは、” as soon as possible ” の略で「できるだけ早く」という意味。英文では「会議がすでに始まっているのでなるべく早く会議室に来るように」という英訳になる。よって答えは3。

過去問に出た重要英単語

colleague … 同僚(名詞)

conference … 会議(名詞)

ASAP … as soon as possibleの略

問4

 

QUESTION 4

What is the name of the type of agreement by which airlines sell seats on each  other’s flights in order to provide passengers with a wider choice of travel options?

1.Mileage 

2.Flight log 

3.Codeshare 

4.Flight plan 

日本語訳

乗客に幅広い選択肢を提供するために、航空会社が互いの便の座席を販売する協定の名称は何といいますか?
1. マイレージ
2. フライトログ
3. コードシェア
4. フライトプラン

回答 : 3

過去問のポイント解説

航空知識が必要な問題!

“which”の前にある ” by ” は前半の文章と繋がっていることを示すための前置詞。

また航空会社は会社ごとに任された路線を持っている。航空会社同士お客様のニーズにより添えるよう協定を決めて座席の販売を共有することを行っている。これをコードシェアと言う。コードシェアをすることによって、万が一、一方の便が欠航になってもコードシェアしている方の飛行機に振り替えるなど旅客にスムーズなサービスを提供することが出来ている。よって答えは3。

※余談だが、選択肢1のマイレージは、航空会社が提供するマイレージプログラムのポイントのことで、基本的には、飛行機に乗った距離に応じて貯まっていく。 「マイル」という距離の単位がそのままポイントの単位なのもそのため。選択肢2のフライトログは、パイロットが飛行時間や離着陸の回数を記録する手帳のことを「フライトログブック」といい、また一方で乗客がCAに自身のフライト記録を書いてもらうログブックというものもある。最後に選択肢4のフライトプランは、飛行計画のこと。 出発時刻・経路・高度・速度・燃料搭載量・代替飛行場などが定められている。 運行管理者が作成し、機長の同意を得て、管制機関の承認があって発効する。

過去問に出た重要英単語

agreement … 契約、協定(名詞)

in order to … ~するために

provide … 提供する

問5

 

QUESTION 5

The controller is saying that bird hazard control is in progress on the runway.  What is going on at the airport? 

1.Airport staff are feeding the birds. 

2.Airport staff are frightening the birds away. 

3.Birds have entered the airport terminal building. 

4.The quarantine officers are examining imported birds.

日本語訳

管制官が滑走路でバードハザードコントロールが進行中だと言っています。 空港では何が起こっているのでしょうか?
1. 空港職員が鳥に餌を与えている
2. 空港職員が鳥を追い払っている
3. 鳥が空港ターミナルビルに入ってきた
4. 検疫官が輸入された鳥を検査している

回答 : 2

過去問のポイント解説

航空知識が必要な問題!

” bird hazard control ” は鳥の駆除のこと。飛行機のエンジンに鳥が入り込まないように空港では航空職員が鳥を追い払うために空砲を打って追い払っている。よって答えは2。

過去問に出た重要英単語

hazard … 危険(名詞)

in progress … 発展中、進行中(副詞)

feeding … 摂食、エサやり(名詞)

quarantine … 検疫(名詞)

examine … 取り調べる

imported … 輸入された(形容詞)

問6

 

QUESTION 6

The plane leveled off at 33,000 feet smoothly using its autopilot system. What did  the plane do? 

1.It started to descend. 

2.It started to hold a steady altitude. 

3.It started to ascend from 33,000 feet. 

4.It started either to ascend or descend toward 33,000 feet.

日本語訳

飛行機は自動操縦システムを使い、33,000フィートでスムーズに水平飛行しました。飛行機は何をしましたか?
1. 降下し始めた
2. 安定した高度を維持し始めた
3. 33,000フィートから上昇を開始
4. 33,000フィートに向かって上昇または下降し始めた

回答 : 2

過去問のポイント解説

英単語力と航空知識が必要な問題!

” The plane level off ” は「水平飛行」という意味。水平飛行は高度を変更せずに飛行する状態なので、答えは2。

過去問に出た重要英単語

level off … 水平にする

smoothly … 円滑に(副詞)

autopilot … 自動操縦(名詞)

問7

 

QUESTION 7

You are the captain of a passenger airplane and your take-off clearance has been  cancelled due to a severe thunderstorm. The controller instructs you to use caution when returning to the gate. Why do you think the controller says that? 

1.Because the runway is slippery with ice. 

2.Because the passengers may get airsick. 

3.Because the boarding gates in the ramp area will close soon. 

4.Because of the possibility of strong winds, heavy rain, poor visibility and other  hazardous conditions. 

日本語訳

あなたは旅客機の機長です。激しい雷雨のため離陸許可が取り消されました。管制官はあなたに、ゲートに戻る際には注意を払うよう指示しました。なぜ管制官はそのように言ったと思いますか?
1. 滑走路が氷で滑りやすいから
2. 乗客が酔うかもしれないから
3. ランプエリアの搭乗ゲートがもうすぐ閉まるから
4. 強風、大雨、視界不良などの危険な状況が発生する可能性があるため

回答 : 4

過去問のポイント解説

航空知識が必要な問題!

激しい雷雨のため離陸できなくなり、駐機場に戻ろうとしている。ここで管制官から十分に注意するようにと指示を受けている。激しい雷雨なので風もよく、地面には大量の雨水が溜まってきていることが予想される。飛行機のタイヤも車のタイヤと同様に滑ることがある。よって答えは4。

過去問に出た重要英単語

severe … 激しい(形容詞)

caution … 注意(名詞)

slippery … 滑りやすい(形容詞)

airsick … 空酔い(形容詞)

possibility … 可能性(名詞)

visibility … 可視(名詞)

hazardous … 危険な(形容詞)

 

2017年8月の航空無線「英会話」試験問題の解説は以上です。